マイキーのお友達

マイキーのお友達について

作中で大勢出てくるマイキーのお友達を紹介します。

エミリー

マイキーのガールフレンド。ブラウンの妹でロメオの姉。赤い服にポニーテールがチャームポイントの8歳。「女の自立」を人生の目標にしていて、正義感がつよくてクラスで一番かわいい人気ものの女の子で、学級委員長をしている。しかしも、不条理なわがままで、いつもマイキーをふりまわします。「マイキーなんて、キライ!!私、帰る!!」が口癖。ローラとはお互いを認め合う恋のライバルだがとても仲良しで、よく「カフェでお茶しなーい?」と小学生らしくない誘い文句で誘い合っている。意見をはっきり言う勝気な性格で「それが○○というものよ」が口癖。夢はマイキーのお嫁さんになる事だがキャリアガールにも憧れている。

ブラウン

エミリーとロメオの兄。妹思いで、エミリーとの結束は固い。声が無駄に大人っぽい中学3年生。ローラやエミリーとつるんでよくマイキーをだます。生まれた日にしか父親にあった事が無い。お金に関しては結構うるさい。マイキーが女装した「マユミ」や第32話ではバーバラに惚れてしまったことがあった。映画製作が趣味で大きくなったら映画監督になるのが夢です。年上女性にもてるタイプ。

ロメオ

ブラウンとエミリーの弟。イタリアの小学校に留学していた。男性に対しては愛らしい甘い声で話しかけるが、女性に対しては態度が一変し酷い暴言を吐くという極端なゲイ。マイキーのことを好きになってしまったようで、マイキーのことを「お兄様」と呼び慕う。その上ジェームズも守備範囲らしい。また、姉のエミリーとは仲がすごく悪く、マイキーのために姉エミリーとの縁を切ろうとするほど。アフロのヘアーがチャームポイント。イタリアへ行く前はゲイではなかったらしい。一体イタリアで何があったんでしょうか。

ヒッキー君

第86話から登場したエミリーのいとこ。引きこもりでひねくれた性格。生まれてこのかた、ずっと人前に顔を出さずに暮らしている。引き込もりであるため外には一切出てこず、窓際から覗く腕しか見えない。しかし極度の引きこもりかと思いきや、車で外出することもしばしば。口癖は「そのうちね。」笑い声は「ヒッヒッヒッ…」。

タイム君

第18話から登場した転校生。ヘリウムガスを吸ったような声でしゃべり、いつも壁掛け時計を首から下げている。時間にとても厳しく、極度のせっかち。毎日秒単位で綿密に予定を作っている。そしてその予定通りに事が進まないとパニックになる。マイキーと遊んでいて自分の予定どおりに事が運べなくなった時は、マイキーの家に尋ねて来る所から完璧にやりなおしていた。タイム君のお父さんは時計店を営んでいて、お母さんは、独身時代は地方局のタイムキーパーをしていたそうです。

トニー / チャールズ

第6話から登場したマイキーの同級生で、イギリスから来たシニカルな双子の兄弟。同じ顔で同じ言葉をくりかえします。服やネクタイの柄、髪の分け目などが異なっている。青い服で青い瞳のほうがトニーで兄、黄色い服で緑の瞳がチャールズで弟。2人の母親と父親、更にペットの九官鳥も双子である。チャールズの方が毒舌。突然現れては二人でべらべら喋り、些細な意見の食い違いで口喧嘩になり、言いたいことを洗いざらい吐いたら最後は「「じゃ、さよなら!」」と帰っていく。17話でマイキーと遊んでいる時に「「僕達は宇宙人と交信できる」」言い出し、実際に交信してみる事に。双子が「「宇宙人来い!!」」と叫ぶと宇宙人ではなくボブ先生がその場にやってきて、「「宇宙人帰れ!!」」と叫ぶとやってきたボブ先生が帰っていった。この事から双子は宇宙人ではなく何故かボブ先生と交信できるようです。

ナンデ(南出)君

第50話から登場。とにかく何かにつけて手を上げては「なんで?」としつこく聞く。世の中疑問だらけです。大きな黒色のクエスチョンマークが付いている服と、おかっぱ頭が特徴。作中数少ない笑い声をあげることがない人物であり、笑う代わりに「なんで?」と繰り返すことでオチを付ける。

マワリ君

第71話から登場。フーコン一家の近所に引っ越して来た男の子。常にくるくる回っている男の子で頭の回転も話すスピードも速い日本人。モノ心ついた時から、フル回転し続けているそうです。あまりに速く回っているため誰も触れることが出来ず、彼の周りには強風が起こる。

クレア

第75話から登場。マイキーの学校に転入してきた美少女。転校早々、マイキーと急接近。おとなしそうに見えますが、実はストーカー癖のある女の子で、マイキーのことを愛しく想うあまりストーキング行為を働く。ガールフレンドのエミリーちゃんがいてもおかまいなしで、略奪愛に燃える激しい性格です。「絶対許さない」が口癖。いわゆるヤンデレ。

ニック

転校生。転入当時からカナダ人はアメリカ人より優れていると主張しており、家族ぐるみで何かにつけてマイキー達フーコンファミリーをライバル視している。自称マイキーのライバルでマイキーに勝つために手段は選びません。ただし張り合う事に力を入れすぎて「僕の方がマイキーよりもっとバカさ!」と張り合うなど方向性がおかしくなる事もしばしば。